ごめん避け 対処 視線

ごめん避けの視線とは?その対処について

ごめん避けの視線とは?その対処について

 

相手のことが好きなのに、持ち前の性格や照れが邪魔をして素直な態度に出られない、これを「好き避け」といいます。恋愛系のドラマや映画で見ることが多いですし、実際の恋愛でもありますよね。こうした避け方には色々と種類がありますが、「ごめん避け」というものもあります。

 

ごめん避けは好き避けと異なり、好意を寄せてくる相手にその気持ちがないことをやんわりと伝える避け方のことです。とある相手が自分に片思いをして色々とアプローチをしてくることを分かっているけれど、本人はその気持ちに応えられません。かと言って正直にその気持ちを伝えて相手を傷つけるのにも抵抗があるので、かるく「ごめんなさい」と伝えるような感じで避ける、というやり方になります。

 

こうしたごめん避けをする人は、基本的に礼儀正しく相手への思いやりがしっかりしているタイプが多くなります。好き避けと比べてちょっとわかりづらいですが、相手の視線を見るとごめん避けのサインに気づくことができます。

 

好きな相手に向かって目を合わせようとすると、視線を逸らしてくるっていませんか?そうした態度から、ごめん避けのサインを見てとることができます。ごめん避けの場合、よくありがちな嫌がる感じで目を逸らすことはしません。あくまでも礼儀正しく、さりげない感じで目を逸らしてきます。あからさまに不機嫌そうに目を逸らしてしまうと相手に対して失礼になるとわかった上でのことなのです。

 

このごめん避けの対処としては、残念ですが相手の希望通りに諦めたほうがいいでしょう。相手にしてもこちらにダメージがないようにこれだけ気遣いをしているのですから、その気持ちに感謝しなければなりません。この時点でやんわり避けられているからまだまだ希望がある、と思わないのがベターです。

 

それでも好きな気持ちが抑えられないなら、一旦距離を置いた上でもう一度アタックするのはどうでしょうか。押してもダメなら引いてみるのやり方が、効力を発揮するかもしれませんよ。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

好きな人にそんな視線は送らない?!ごめん避けの視線と態度
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。
視線で見抜く!職場での好き避けとごめん避け
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。