ごめん避け 女性 特徴 視線 対処法

ごめん避けをする女性の特徴は、視線が鍵?その対処法とは

スポンサーリンク

 ごめん避けをする女性の特徴は、視線が鍵?その対処法とは

 

「好き避け」「嫌い避け」など、対人関係における避け方はいろいろあります。中でも、「ごめん避け」というものもあるのだとか。

 

「ごめん避け」とは、本人に相手に対する恋愛の脈がないことを伝える際の避け方のことを指します。ただ、相手にストレートに伝えたり嫌がったりするのには気が引けるので、「ごめんなさい」と謝るような形で恋愛感情がないことを伝えるやり方となります。

 

では、女性のごめん避けをどうやって見抜けばいいのでしょうか?

 

わかりやすいのは視線です。これは、ほとんどすべてのコミュニケーションの場面で共通しています。人間は本能的に無意識的なものを制御することができません。「目は口ほどにものを言う」という言葉があるように、本心を探るには視線を観察するのが一番です。

スポンサーリンク

こうしたごめん避けをする女性は、視線が合うと申し訳なさそうに逸らしてきます。ここで好き避けと違うのは、自分から視線を送ってくることがない、ということです。好き避けであればそれでも好意があるので、アイコンタクトが難しくてもどこかにチャンスがあります。しかし、ごめん避けには女性からの好意は存在しないので、一方的にこちらのほうが視線を送っていることになります。相手から視線を感じるか、しばらく観察してみるといいでしょう。

 

そして、ごめん避けをする女性の特徴としては、礼儀正しく他人を思いやれるタイプが多いとされています。対して好きでもない相手からアプローチをかけられ続けて、いい思いをする人はいませんよね。それなのにある程度の礼儀を保ち、オブラートに包んでくれるのには、感謝しなければなりません。

 

ですから、ごめん避けの対処法としては、こちらが諦めるしかありません。折角気を使ってもらっているのですから、これ以上深追いしないほうが今後の為でしょう。女性は嫌いなら嫌いとはっきりと表現します。それを相手に打撃を与えないようにごめん避けをしてくれているのです。不幸中の幸いだと思い、気遣いに感謝して諦めてあげましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

関連ページ

視線に見る嫌い避けする女性の特徴や態度
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。
職場で嫌い避けする女性、視線などから特徴を見抜く
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。