視線 職場恋愛 嫌い避け

嫌い避けをする人との職場恋愛は視線を送ることから始める

スポンサーリンク

 職場恋愛には、多くの人が憧れていて、理想的な恋愛の形として人気があります。
職場恋愛をすることができたら、毎日憂鬱だった仕事も楽しくなり、やる気も出てきて、会社へ行くことが楽しくなります。
しかし、職場恋愛を成就させるのが、難しいケースもあります。
それは、嫌い避けをするタイプの人を好きになってしまった場合です。
嫌い避けをする人は、極端に人見知りで、最初の頃は心に大きな壁を作ります。
そのため、普通に話ができるようになるまでが、とても大変です。
自分では積極的にアプローチして、仲良くなろうと思って行動しても、嫌い避けをする人にはデリカシーのない人だと思われ、嫌われてしまいます。
そのため、最初は相手に視線を送る程度にして、よく観察しながら話しかけるタイミングをうかがいます。
よく見ているだけでも、相手の行動パターンや仲良くしている同僚など、人間関係も知ることができます。
まずは、情報収集をして、作戦を考えます。

スポンサーリンク

視線を送り続けていると、自然と目が合うようになり、相手も少し意識するようになります。
目が合った後に、嫌な顔をせずに恥ずかしそうに目をそらすようであれば、脈がある証拠です。
それから話しかけるようにすれば、やはり自分のことを見ていたのだと分かるので、最初から異性として、意識しながら接してきます。
相手も視線を送ってくるようになれば、好意を持っているというアピールになるので、それからは積極的に行動しても大丈夫です。
職場恋愛だと、もしフラれてしまったら、お互い気まずくなってしまうので、両想いだと確信が持てるまで、告白はできません。
しかし、嫌い避けをするタイプの人は、視線で好意を表現してくるので、よく目が合うようになるだけでも、両想いになれる日は近いと考えられます。
それからは、相手の気持ちを傷つけたり、嫌われたりする行動をしないように心がけて、仲を深めていきます。
相手の心の壁がなくなったと感じたら、告白が成功するサインとなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

視線で確認、嫌い避けされたら
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。
視線に見る嫌い避け、無視される場合
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。
視線や視界に見る嫌い避け
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。
職場の同僚、視線に見る好き避けと嫌い避け
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。