視線 嫌い避け 職場 男性

職場にいる男性、視線に見る嫌い避け

スポンサーリンク

 嫌いな相手のことは極力避けて通りたいというのが人間の願望、その一つとなっています。
これは物事には好き嫌いがあるのだから、馬の合わない相手のことを避けようとするのも仕方がありません。
 そうした行為を一般的には嫌い避けと呼びますが、ではそれを職場でしてしまう男性の特徴とは何かと言いますと、相手と視線を合わそうとしないことです。
 これは日常の動作に現れることが多いとされています。
席が近くても相手の顔を決して見ようとはせず、何かの間違いで目線が合ったときは全力でそれを避けようとするからです。
 単純に視線を合わそうとしないというのであれば、嫌い避けとは正反対の好き避けと同じなのですが、好き避けの場合は、目は合わせられなくても、気になる相手のことをちらちらと見てしまうものなので、その辺の区別は観察を続ければ容易になります。
 職場にいる男性が、特定の異性だけを見ないようにしている場合は、嫌い避けと考えて差し支えありません。

スポンサーリンク

 視線で人の好き嫌いを表現する人は、文明の利器に頼ることでそれを完遂しようとする傾向にあります。
それは携帯電話です。
 嫌いな相手に用事があった場合、彼らはメールでそれを済ませようとします。
なぜなら、そうしてしまえば同じ職場にいる相手でも、顔を合わせずに済むからです。
 近年では隣の席に座っている相手とすら会話をさほどしない人が珍しくないため、これは極端に不自然な行動ではありません。
筆無精な人が多いとされている男性でも、手短に伝えられる用件ならそうする傾向にあるからです。
 また、彼らはどうしても口頭で伝えなければならない用件がある場合は、相手から視線をそらしながらそれをやることがあります。
これは無意識のうちに相手と目を合わすことを拒絶しているためで、それをごまかすために他の物事をやりながら会話するというスタイルが好んで採用されています。
 人間観察をする上で視線は外すことのできない重要な要素です。
興味のある人はそれを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

その視線は何?ごめん避けをする男性の特徴と、その対処法
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。
視線に見る、嫌い避けする男性の態度
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。
視線などに見る嫌い避けする男性の特徴
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。