視線 嫌い避け 視界

視線や視界に見る嫌い避け

スポンサーリンク

俗に目は口ほどにものを言うと言いますが、それはある意味で事実です。
嫌い避けをする人は、視線でそれを物語る傾向にあります。
 具体的に言えば、人間は嫌いだと感じている人のことを決して見ようとはしません。
これは同じ職場にいる同僚が相手でも同じです。
 嫌い避けと紛らわしいと言われることの多い好き避けの場合は、隙があれば気になる相手のことをつい見てしまいます。
これは視界の範囲内に好きな異性を捉えておきたいという願望と、相手が自分以外の異性と仲良くしていないかどうかチェックしたいという気分の表れとなります。
 しかし、嫌い避けの場合は、好き避けとは別の意味で意識している相手を見ないために、注意をしているということがおおく、何かの間違いで問題の相手と視線が交わった場合は、即座にそらしてしまいます。
 これは男女に共通したものとなっています。
 職場の人間関係を把握したいと考えている人は、視線を確認するようにしましょう。
その人の視界の中に何が入っているか、あるいは何を避けようとしているかで、当たりがつけられるようになります。

スポンサーリンク

 嫌い避けする人は、視界の中に苦手な異性を入れないために、合法的な回避術を使う傾向にあります。
これはメールです。
携帯電話やパソコンなどを使えば、意思のやりとりは簡単にできるため、それは活用される傾向にあります。
 そういう場合は、仕事以外の話題について一切触れないのも特徴となります。
これは相手が興味のある話題を振って、こちらの方を見られたら面倒になると考えるためです。
 そのため、いつも同じ相手から淡泊なメールが送られてくる、直接会話する機会は殆どないという場合は、嫌い避けをされていると考えて差し支えありません。
 どうしても視界が交差しやすい場となる飲み会などでは、彼らはなるべく遠い席に座り、相手と会話をしないで済むようにするという措置を執ります。
 これは酔った勢いで本音を漏らすと、後で面倒になるという考えが働いているためです。
この行動は職場の和を保つために必要とされるものなので、一概に悪いとは言えません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

視線で確認、嫌い避けされたら
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。
視線に見る嫌い避け、無視される場合
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。
職場の同僚、視線に見る好き避けと嫌い避け
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。
嫌い避けをする人との職場恋愛は視線を送ることから始める
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。