視線 嫌い避け 無視

視線に見る嫌い避け、無視される場合

スポンサーリンク

 嫌い避けとは誤解をされるのを防ぐために行う、防御反応の一つと言えます。
これは中途半端な対応をして相手に間違ったサインを送るぐらいなら、徹底的に避けた方が、まだ好ましい結果が得られると考えている人が多いためです。
 では、嫌い避けといわゆる好き避けを区別する方法とは何かと言いますと、視線をチェックするのが確実です。
 好き避けであれば、気がついたら視線を投げかけられているということが多いとされています。
これは日頃の態度は、好意を悟られるのが嫌だからしているのだ、というサインとなります。
 しかし、嫌い避けをする人は、相手と目も合わせようとしません。
これは会話中も同様で、携帯電話を片手に対応するなど、傍目からも分かりやすい無視の仕方をしてきます。
 これはことわざにもあるように、目は口ほどにものを言うという状態を指します。
 人間は嫌いだと感じている相手の顔を見たくないというのを、視線で表現してしまう生き物なのです。

スポンサーリンク

 無視という形で気持ちが表されるものとしては、他に携帯電話を用いたメールがあげられます。
これは気になる人から送られてきたものであれば、即座に返事を出したくなるのが人情ですが、嫌いな相手だと無視するか返事を送らせるのが常だからです。
 また、返事が来ても素っ気ないものが多く、必要以上の情報を記載していない短文となれば、そこから相手の気持ちをくみ取るのは容易です。
 こうした無視という態度は、集団にあっても発揮されることがあります。
複数人で話をしているときも、特定の相手の話だけは関心を払わない、あるいは適当な相づちを返すだけとなれば、嫌い避けと認定して差し支えありません。
 しかし、嫌い避けをすることが必ずしも悪いことだとは限りません。
これは苦手な相手だから避けているというサインを分かりやすく送れるため、相手に恋愛感情を抱かれている、と思われることが間違ってもないからです。
 また、それにより決定的な衝突を避けることも可能になっています。
 他人との接し方の一つだと言ってよいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

視線で確認、嫌い避けされたら
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。
視線や視界に見る嫌い避け
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。
職場の同僚、視線に見る好き避けと嫌い避け
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。
嫌い避けをする人との職場恋愛は視線を送ることから始める
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。