視線 嫌い避けされたら

視線で確認、嫌い避けされたら

スポンサーリンク

 視線というものは、ときに言葉以上にものを語る傾向にあります。
それはどういう意味なのかと言いますと、人間は嫌いな相手とは目も合わせようとしない傾向にあるのです。
 では、何故彼らがそのようなことをするのかと言えば、嫌いな相手だから見たくないというのがまず考えられます。
 これは理性云々ではなく感情に根ざした問題です。
学生時代ならば、嫌いな相手のことを面と向かって嫌いだという自由がありますが、社会人となった後で、職場の同僚にそんなことを言えば、内輪もめの原因になります。
 そのため、押し殺された感情が、視線に出てしまうのです。
 職場の同僚から嫌い避けされたら、相手が自分の何を嫌っているのかをチェックし、それを改めるというのも対処法の一つです。
 これはもめ事を避けるための譲歩であり、危機回避術の一つとも言えます。
 相手に直接質問するのははばかられるという場合は、共通の友人を通じてそれとなく訪ねるのも手です。
 嫌い避けされたら、自分一人で解決しようとはせず、周りの助けを借りるようにしましょう。

スポンサーリンク

 視線から相手の気分を察する方法としては、相手と一日どの程度会話をしているかどうかの確認をする、というのもあります。
 これは携帯電話やパソコンが普及した結果、同じ職場にいる同僚が相手でも、その気になれば会話する必要が無くなっているからです。
 しかし、席が近いしそんなに面倒なことでなければ、直接口で言えばよいのにと感じる場合は、機会を設けて相手と話をしてみるようにしましょう。
 そのとき、相手が目も合わせてくれず、適当な対応に終始した場合は、嫌い避けをされていると判断して差し支えありません。
 職場にいる同僚から嫌い避けされたらどうすればよいのかと言いますと、相手の態度に合わせるというのも、対処法の一つとなります。
 向こうが意識してこちらを避けているのであれば、接する機会は自ずと限られています。
殆ど言葉を交わす機会のない相手なのだから、こちらも淡泊な態度で応じても、実害はありません。
 相手と合わせてしまうのも、処世術の一つなのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

視線に見る嫌い避け、無視される場合
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。
視線や視界に見る嫌い避け
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。
職場の同僚、視線に見る好き避けと嫌い避け
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。
嫌い避けをする人との職場恋愛は視線を送ることから始める
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。