視線 嫌い避け 男性 態度

視線に見る、嫌い避けする男性の態度

スポンサーリンク

嫌い避けというものは、視線をチェックするだけでかなりまで分かるようになっています。
それは昔からことわざで言われているように、目は口ほどにものを言うからです。
 では、嫌い避けする男性は視線のどのあたりに自分の気持ちを込めているのかというと、視界の中に嫌いな相手をそもそも入れないという部分です。
 人間は嫌いだと感じているものは、極力シャットアウトしようとします。
これは学生時代は固より、社会人になった後でも変わりません。
 自分に正直でもさほどの問題はない学生時代はそれが表面に現れる傾向にありますが、組織の和を保つことを要求される社会人ともなると、そうはいきません。
 そのため、気分の表現が遠回しになり、目線を合わせないという態度で、嫌いな相手と対するようになるのです。
 これは褒められた態度ではありませんが、嫌いな異性にそれを率直に告げてしまうと、ケンカの原因になります。
 男性は異性と正面から激突するのを嫌う傾向にあるため、そうしてしまうのです。

スポンサーリンク

 嫌い避けをする男性が嫌いな異性と視線を合わせないのは、組織の和を保つためと、相手に誤ったサインを与えないためです。
 男性は恋愛対象だと思っていない女性から好意を向けられると、戸惑うのと同時に迷惑を感じます。
特に仕事に熱中したい人だと、プライベートに割ける時間は限られており、異性との交際は重い負担になるからです。
 そういう意味からすれば、嫌いな相手に遠回しに嫌いだと伝えて遠ざけるのは、自分の身を守ることにも繋がります。
 相手から一方的に思いを寄せられて困ったときも、周りにいる人たちが日頃の態度などからそれを察してくれるので、味方になってくれる可能性が高まります。
 このように、嫌い避けをする男性は目でものを語ることにより、組織と自分の立場を守ろうとする傾向にあるのです。
 これは社会的立場や責任のある男性ならばやむを得ない行為なので、一概に悪いとは言えません。
 職場の人間関係が気になる人は、観察力を養ってチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

その視線は何?ごめん避けをする男性の特徴と、その対処法
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。
視線などに見る嫌い避けする男性の特徴
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。
職場にいる男性、視線に見る嫌い避け
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。