視線 嫌い避け 職場 女性

職場で嫌い避けする女性、視線などから特徴を見抜く

スポンサーリンク

嫌い避けという言葉があります。
これは名前にあるように、嫌いな相手を避けることを指します。
これは学生時代では珍しい話ではないため、気にする人もあまりいません。
 しかし、社会人になった後もそれをする人は少なからずいます。
今回はそれを踏まえた上で、職場で嫌い避けをする女性の特徴について説明していきます。
 職場で嫌い避けをする女性の特徴としては、視線を合わせようとしないというのがまずあげられます。
これは嫌いな相手の顔を見たくないという部分が大きいものです。
 このような態度を彼女たちが取るのは、口で言うとケンカの原因になるからです。
社会人になった後で集団の和を乱すというのは、決して褒められた行為ではありません。
時と場合によれば、解雇される原因にもなります。
 そのため、彼女たちは自らの意思を表沙汰にすることを避けるため、視線でものを言うのです。
 これはことわざにもある目は口ほどにものを言うというのを、実践した形となります。

スポンサーリンク

 携帯電話は90年代中頃から急速な普及を見せ、現在ではコミュニケーションを取るための道具として欠かせないものになりました。
 しかし、職場で嫌い避けをする女性からすれば、それも自分たちの欲求を満足させるためのものとなるのです。
 彼女たちは、嫌いな相手に何かを頼まなくならなくなったときは、携帯電話のメールで済ませようとする傾向があります。
これを用いれば、相手と視線を合わさないで済むためです。
 こういった対応は、相手がすぐ近くにいても行われる傾向にあります。
しかし、女性は男性と比べると筆まめな人が多く、一日中携帯電話を操作している人も珍しくないため、角が立つ心配はさほどありません。
 どうしても直に顔を合わせて会話しなければいけないときも、彼女たちは基本的に視線を合わせようとはしません。
これは無意識のうちにそうしてしまうのと、いしきしてそうしているのとに別れますが、どちらにしても視線を合わせようとしないのは同じです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ごめん避けをする女性の特徴は、視線が鍵?その対処法とは。
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。
視線に見る嫌い避けする女性の特徴や態度
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。