視線 女性 嫌い避け 特徴 態度

視線に見る嫌い避けする女性の特徴や態度

スポンサーリンク

 女性は男性とは違い、物事をはっきりさせる傾向にあると言います。
これはいわゆる嫌い避けにも及んでおり、彼女たちは視線や態度などでそれを表現します。
 職場で嫌い避けをする女性の特徴としては、まず相手と視線を合わそうとしないことがあげられます。
これは好き避けとはある意味で正反対の対応です。
好き避けならば、気になる男性のことをちらちらと見てしまうものですが、嫌い避けの場合は、絶対に目を合わさないように、無意識または意識的に相手から目をそらそうとするのです。
 これは態度からして非常に分かりやすいものであるため、周りも簡単に気付くことができます。
彼女たちは何かの間違いで嫌いな男性と目を合わせてしまうと、慌ててそれをそらすのも特徴としています。
 わかりやすすぎる態度を取るのは、ある種の計算が働いているためです。
これは面と向かって相手をののしると、そのままケンカせざるを得ないのですが、目でものを言われると、男性側としては自分から衝突しに行く訳にはいかないので、一応は平穏が保たれます。
 彼女たちはそれが分かっているからこそ、そうするのです。

スポンサーリンク

 嫌い避けする女性の特徴としては、他に嫌いな男性から何かを頼まれると、即座にそれを拒絶したり、周りの人に押しつけようとする、というのがあります。
 これは物理的な難易度はあまり関係ありません。
彼女たちはただ嫌な相手から頼まれた物事を拒絶したいという感情からそうしているのです。
 また、彼女たちは嫌いな男性と話をしなければならなくなったとき、視線を合わさずにそれを済まそうとするのも特徴としています。
 これは携帯電話を片手にして話す、仕事をしながら会話をしようとするという態度になって表れるため、周りも理解が容易となります。
 彼女たちは、それでも相手との会話を継続せねばならなくなると、最終的には知人に任せようとします。
私は忙しいので他の人のところへというのを隠さなくなります。
 これは単なる我儘と解釈できますが、相手の男性に対し誤ったサインを送らないという意味では、平和を保つのに役立ちます。
 このように、女性の嫌い避けは、組織の和や自分の立場を守るのに必要だという面もあるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ごめん避けをする女性の特徴は、視線が鍵?その対処法とは。
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。
職場で嫌い避けする女性、視線などから特徴を見抜く
男性女性の視線と好き避け・嫌い避け【下・合わせない・職場】あれこれです。